秩父で家づくり!のコラム

【第4回】“泊まれるモデルハウス”で体験!「秩父杉の家」

2021年04月30日(金)

いま、移住先として注目を集めている秩父

 

 

「もし、秩父に暮らしたら……」を、体験したくなったら、秩父市お試し居住プランがおすすめです。

 

 

 

 

私たち丸山工務店のモデルハウス『秩父杉の家』に、なんと無料で3~7日間、暮せます(くわしくはこちら→https://www.chichibu-iju.com/otameshi.html)

 

 

秩父産の杉材でつくった、丸いルーバーが特徴的な『秩父杉の家』

 

 

前回は、『秩父杉の家』で過ごす休日の例として、朝活をご紹介しましたが、昼も夜も、こんな楽しみがいっぱいです!

 

 

 

目次

  1. 秩父杉のキッチンで“旬”を料理

  2. 畳でゴロン、読書と昼寝三昧

  3. 都会で見られない“夜景”

 

 

 

1.秩父杉のキッチンで“旬”を料理

こちらは、秩父杉をふんだんに使った、オリジナルのキッチン。コンロ側だけ壁付けにした、汚れが広がりにくい「ペニンシュラ型」です。

 

 

秩父杉の木目がつながるように仕立てたキッチン

 

 

お子さんの様子を見ながら料理できて、家族が行き来できるほど広々しています。

 

 

秩父杉のキッチンで、家族といっしょに、秩父の“旬”を料理する休日はいかがでしょう?

 

 

春は、山菜の季節。タラの芽、コシアブラ、ワラビ、コゴミ、フキノトウ……道の駅で買ったり、山菜採りツアーに参加したりすれば、採れたてがいっぱい手に入ります。

 

 

 

 

天ぷらや和え物、おひたし、炒め物、味噌汁といった、いつもの料理でも、春の香りと味を、めいっぱい味わえるので、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

2.畳でゴロン、読書と昼寝三昧

南側の大きな窓から入る日差しが気持ちいい

 

 

日当たりのよい、南側の窓のそばには、畳のスペースがあります。

 

 

 

 

小上がりになっているので、ここに腰掛けて、読書もおすすめ。疲れたら、窓の外に広がる空を眺めたり、そのままゴロンと横になって、昼寝をしたり。

 

 

フローリングだけでは味わえない、小上がり和室ならではの開放感を味わえます。

 

 

 

3.都会で見られない“夜景”

夜の楽しみは、都会では見られない“夜景”です。

 

 

秩父市街の北西にある「秩父ミューズパーク」や、標高500mを越える「美の山公園」から眺める夜景は、山に囲まれた、小さな宝石箱のような美しさ。

 

 

秩父ミューズパークからの夜景

 

 

秩父太平洋セメントや三菱マテリアル横手工場の煙突や、セメント採掘で階段状になった武甲山の姿も、ミニチュアのようなおもしろさです。

 

 

雲海が出ている日は、秩父の街灯りが透けて、いっそう幻想的に。

 

 

星空の美しさ特筆ものです。

 

 

おすすめは、『秩父杉の家』から車で1時間ほどの堂平天文台。

 

 

標高875.8mの堂平山は、2000年まで国立天文台の観測所が置かれていたほどで、すばらしい星空を眺められます。

 

 

 

 

地元・秩父杉の心地よさに包まれながら、“憧れの山暮し”を、ぜひ体験してください。『秩父杉の家』は、動画でも紹介しているので、どうぞ。→https://youtu.be/9pQArdBOxhM

 

 

 

 

「秩父杉や地元の木材を使った、気持ちいい家に住みたい」

「大切な家を、リノベーションでもっと暮らしやすくしたい」

興味を持たれた方は、お気軽に、私たち丸山工務店へご連絡ください。

 

 

空き家や別荘のリノベーションをして、秩父周辺への移住をお考えの方も、大歓迎です。

 

 

====================

丸山工務店のホームページはこちら。

新築・リノベーション事例がいっぱいです!

https://www.my-works.co.jp/

====================

 

八木 久美子

八木 久美子

お客様へのメッセージ

インテリアやエクステリアが大好きです。 お家やお庭のお困りごとをスッキリ解決して、お客様が日々楽しく暮らせるお手伝いをしたいと思います。

スタッフ紹介を見る