スタッフブログ

【第2回】秩父・築90年の古民家を「和モダン邸宅」へリノベーション

2021年03月15日(月)

 

「古いけれど、愛着あるわが家を、もっと居心地よくしたい」

「景色のよい秩父の山で、空き別荘を買って、自分好みに変えて住みたい」

 

そんな人こそ「リノベーション」がおすすめです。

 

「リノベーション」は、間取りや内装・外装といった、〈見た目〉の変化はもちろんですが、家の〈性能〉も上げることで、住み心地がグッとよくなります。

 

寒い秩父地方では、「暖かい家」へのリノベーションが大人気。

 

冬は、気温がマイナスまで下がって、低温注意報が出るほど冷える秩父ですが、リノベーションで、冬から春先まで、いつもホカホカ暖かい家へ生まれ変われます。

 

 

目次

  1. 冷える秩父でも、「薪ストーブ」で暖かい家が実現

  2. 「断熱材」や「複層ガラス窓」で、ますます暖かい!

  3. 【実例】薪ストーブが素敵!秩父地方の古民家が「和モダン邸宅」へ

 

 

1.冷える秩父でも、薪ストーブ」で暖かい家が実現

私たち丸山工務店のリノベーション工事で、大人気の「薪ストーブ」

 

 

山に囲まれている秩父では、薪が手に入りやすく、近くの薪ストーブ屋さんに、手入れや使い方をすぐ聞けるので、薪ストーブが初めての人でも安心です。

 

 

薪ストーブは、なんといっても火力が強いので、家が丸ごとあったまる!

 

エアコンは一部屋を暖めるのがやっとですが、薪ストーブなら、吹き抜けや煙突からも熱が伝わっていくので、ストーブ一台で、1階も2階もホッカホカです。

 

煙突からの熱で、2階もちゃんと暖まる

 

ほかにも、

「ストーブの上に鍋を置いておくだけで、味の染みたシチューや煮物ができる」

「揺れる炎を見ているだけで癒される」

と、みなさん喜ばれています。

 

 

2.「断熱材」や「複層ガラス窓」で、ますます暖かい!

年々、性能が進化している「断熱材」や「複層ガラス窓」。

 

 

当たり前の設備と思いがちですが、どちらも日本では、義務化されていないので、実は、20年以上前の家だと、断熱材が入っていない場所があったりするほどです。

 

リノベーションを機に、断熱材を追加したり、最新の金属フィルムが入った複層ガラス窓を採用したり、家のつくりを見直しましょう。

 

家の気密性・断熱性が大幅にアップして、薪ストーブやエアコンの効きが、今よりずっとよくなるはずです。

 

 

3.【実例】薪ストーブが素敵!秩父地方の古民家が「和モダン邸宅」へ

薪ストーブを新たに入れた、素敵なリノベーションの実例をご紹介します。

 

屋根に見える煙突がカッコイイTさん宅。秩父地方の山間に建つ、築90年以上の古民家を、2020年に、和モダン邸宅へリノベーションしました。

 

 

玄関を入ってすぐの「ホール」には、イギリス生まれのシックな薪ストーブ。赤々とした炎を眺めながらおしゃべりしたり、焼き芋を焼いたり……。

 

 

ここは以前、冷えやすい土間でしたが、いまはポッカポカの心地いい部屋になって、家族みんなが、自然と集まってくるようになりました。

 

 

薪ストーブの熱は、吹き抜けと煙突を伝わって、2階へ。

 

ここは、家族みんなの洗濯物を干したり畳んだりできる、広々スペース。中学生と小学生の娘さんが3人いるTさん宅は、洗濯物がたいへんな量です。

 

 

それでも、雨や雪の日は、この広々スペースに干せば、薪ストーブの熱と、新しく採用した、断熱性の高い複層ガラス窓のおかげで、たくさんの洗濯物もグッと速く乾くように。

 

薪ストーブを入れることで、暖かさはもちろん、家事の効率もアップ。それに、家族で過ごす時間が、ますます豊かになりました。

 

次回、大きな窓が心地よいリビングや、子ども部屋をくわしくご紹介します。

 

 

あなたの大切な家も、リノベーションで、もっと素敵な家へ——興味を持たれた方は、お気軽に、私たち丸山工務店へご連絡ください。

 

空き家や別荘のリノベーションをして、秩父周辺への移住をお考えの方も、大歓迎です。

 

====================

丸山工務店のホームページはこちら。

新築・リノベーション事例がいっぱいです!

https://www.my-works.co.jp/

====================

 

八木 久美子

八木 久美子

お客様へのメッセージ

インテリアやエクステリアが大好きです。 お家やお庭のお困りごとをスッキリ解決して、お客様が日々楽しく暮らせるお手伝いをしたいと思います。

スタッフ紹介を見る