スタッフブログ

【第4回】秩父・築90年の古民家を「和モダン邸宅」へリノベーション

2021年03月28日(日)

100年以上、住み継がれてきた家も多い秩父地方。

 

「わが家は古すぎて、直せないのではないか?」とあきらめている人に、「リノベーション」をおすすめします。

 

家を骨組みまで解体して、間取りからつくり直す「リノベーション」。

 

愛着あるわが家のよさを残しながら、新築並みの新しい暮しを、手に入れられます。

 

 

例えば、古材を活かした、和モダンデザインの家はいかがでしょう?

 

こちらは、築90年以上の古民家を、素敵な和モダン邸宅へリノベーションした、秩父地方のTさん宅。

 

解体時に出てきた古材が活かした、ステキな部屋をごらんください。

 

 

目次

  1. 隠れていた「梁(はり)」を主役に

  2. 部屋に趣きをくれる「90歳の建具」

  3. 古材で「ワークスペース」づくり

 

 

1.隠れていた「梁(はり)」を主役に

明るいリビングに映える、シックな印象の「梁(はり=屋根の荷重を柱に伝える部材)」

 

実は、リノベーションのために解体するまで、ずっと天井裏に隠れていた部材です。

 

いまではめずらしい、松でつくった梁は、90年以上、家を支えてきた影の立役者。

 

感謝の気持ちを込めて、きれいに塗り直すことで、リビングの主役に生まれ変わりました。

 

 

2.部屋に趣きをくれる「90歳の建具」

緑の眺めを引き立ててくれる、麻の葉と流水文様の「建具(たてぐ=開け閉めできる仕切りのこと)」

 

実は、窓の外は、小さな庭なのですが、趣きある建具のおかげで、いきいきとした景色が生まれています。

 

 

この建具も、梁や柱といっしょに、90年以上、家族と過ごしてきた、思い出の品。

 

「麻の葉」は、生命力が強く、まっすぐ育つ麻にあやかって、赤ちゃんの産着や子どもの着物に、よく使われてきた模様です。最近の大ヒットアニメでも、注目を集めましたね。

 

流れる水を描いた「流水」は、火難除けや厄災を流すことを願った模様です。

 

願いのこもった建具が、3人の娘さんたちがいるTさん家族と家を、これからもずっと守ってくれることでしょう。

 

 

3.古材で「ワークスペース」づくり

家族がよく集まる、薪ストーブが暖かな、玄関の「ホール」。

 

ソファセットの裏には、広々とした「ワークスペース」があります。

 

こちらも、解体時に出てきた古材を磨いて、立派なデスクと長椅子ができました!

 

ここで、3人の娘さんたちが宿題をしたり、お父さんが仕事をしたり、お母さんが家計簿をつけたり。

 

家族の気配を感じながら、「リビング学習」も「リモートワーク」もできる、これからの時代にぴったりのワークスペースです。

 

あなたの大切な家も、リノベーションで、もっと素敵な家へ——興味を持たれた方は、お気軽に、私たち丸山工務店へご連絡ください。

 

空き家や別荘のリノベーションをして、秩父周辺への移住をお考えの方も、大歓迎です。

 

====================

丸山工務店のホームページはこちら。

新築・リノベーション事例がいっぱいです!

https://www.my-works.co.jp/

====================

 

八木 久美子

八木 久美子

お客様へのメッセージ

インテリアやエクステリアが大好きです。 お家やお庭のお困りごとをスッキリ解決して、お客様が日々楽しく暮らせるお手伝いをしたいと思います。

スタッフ紹介を見る